SIMカードの種類について

MVNOが提供するSIMカードの種類は利用料が安い順に
「デー タ通信専用」「SMS対応」「 音 声通話対応」の3種類がある。

 

機能を制限することで、料金を安く抑える事ができるのです。
「スマホで音声通話ができないなんて考えられない|」という人もいるかもしれませんが、
あまり頻繁に通話しない人なら、 IP電話アプリなどで十分の場合もあります。

 

 

また、ガラケーとの2台持ちにもデータ通信専用SIMが適しています。
一方、LINEのようにSMSで本人確認を行うサービスを利用したい場合は、SMS対応のSM が便利。

 

 

なお、契約後にSIMカードの種類を変更したくなった場合、
プランの変更に応じてく れるMVNOが多いので確認しておきましょう。

 

 

解約する時はSIMカードの返却が必要?

 

実は返却不要のMVNOも多いが、返却しないと損害金が課せられる場合もあります。

 

実はSIMカードは購入ではなく貸与されています。

 

そのため、解約時には返却するのが原則です。

 

しかしiPhoneなどの場合はSIMカードがないとアップデートなどが行えなくな ってし まうので、
キャリアもMVNOも 、強く返却を求めてこないことが多いのです。

 

一方でSIM返却用の封筒が送られてきたり、返却しない場合は損害金を請求するなど
厳しい対応をとるMVN0もある。

 

SIMを取つておく必要がないなら、返却を求められたら
さっさと返してしまうほうが不要なトラブルを回避できるでしょう。

 

なお、SIM力一ドに連絡先などの情報が保存されていることがあるので、
返却前に忘れずに確認、消去しておきましょう。