格安スマホの通信エリア

 

 

基本的には大手キャリアと同じ通信エリアで使えますが山間部などではつながりにくい場合もあります。

 

MVNOの SIMカードは、基本的には回線供給元のキャリアと同じエリアで利用できる。
ドコモ系のMVNOなら、ドコモのLTEおよびFOMAサ ービス エリアで通信が可能です。

 

ただし、山間部などで使う場合は注意が必要。
ドコモでは、電 波が届きにくい地域向けにFOMAプラスエリアというサー ビスを提供していますが、
SIMフリーの格安スマホの中には FOMAプラスの周波数帯 (800 MHz帯 /Band6と 19)に
対応していない機種もあります。

 

こうした端末では、山間部ではつながりにくくなることが多い。

 

都市部のみで使用するならあまり気にする必要はありませんが、
山間部で頻繁に使う予定があるなら、購入前に対応する周波数帯を確認しておきましょう。